ぱこりにゅ

特定的な情報(人物描写など)は意図的に情報が改変されています

スペースでおもしろい話とこわい話

f:id:EFJ:20201130093319j:plain

 

 

 Twitter にも書いたけど、「お願いだからなんでもいいのでちょっとおもしろい話をしてほしい(/_;)」と眠たげな人気スペーシア(とある Twitter の スペースの名前)でモウモウさん(仮名)が言うので、しばらく考えたけど何も頭に浮かばなくて、そういう自分自身にびっくりした。

 「面白い話」をパコがする場合は、どっかで書いたかもしれないけど個人的にルールがあって、いわゆる平場…多数の人に向けて公でしゃべるような特別な状況でない場合…は、

  • なるべく直近一か月あたりの出来事や着想から面白く話す
  • 過去既に別の場所で二~三回使ったネタは話すのをやめる
    (もしくはどうにも場ができなくならないくらいに感じたら使う)
  • 下ネタは避ける

という自分に課しているルールがあって、それに則して話そうとしたら、まー全然でてこない。昔は絞りだして一個出せたのに。

 

 一個出せれば、ウケなくても、だいたいそれが呼び水になって別の話を引き出せるから良い感じになることも多いんだけど、なんにもでてこなかった。

恐い話ならできたんだけど、その時は思いつかなかった。

 

 思い返せば、まあ言ってもなあって感じなんだけど、先月末くらいから Twitter で変な DM が多くくるようになった上に変なエアリプされたりすることが増えたりして、半強制的に Twitter の使い方を変えざるを得なくなったあたりから、さらに社会的な空気もどんどん悪くなってしまって、

 

そうすると楽しく暮らすというよりは、なんとか平時のようにのんびり生きることにとにかく終始した生活になっていたからーかもしれないー。知らんけど!

 

 

 そういえば、前にイベントとか色々やっている DJ の人と話した時に、「面白いことって、別に面白い出来事があれば面白いわけじゃないよ」って話が出たことがあって、言われてホントそうだなあと思っている。

 

なんでもないことや、他の人が見ててもどうでもいいと捨てているようなことに、自分の気持ちや感情、着想が乗っかってそれがうまく人にある程度共有できたんだったら、それは「面白い話」のひとつになるんじゃないかと思う。

 

問答無用で面白い話もあるから、それと比べると爆発力が落ちちゃうのはまあしょうがないけど。

 

問答無用系で言えば、モウモウさんが「おもしろい話して」って言った時に、俺自身は全然面白くないんだけど、この前、朝の電車で人生で初めて小学生に「どうぞ」って席を譲られた話をすればよかった。

 

あ(まだ本当にショック)

 

ああああああああああああ

ああああああああああああ

 

 

…腹いせに恐い話をもうひとつします(怖い話のストックは結構ある)。

 

これも前 Twitter で書いたんだけど、パコの小学校は結構特殊だったのか、当時障がいを持っている子がクラスに普通にいたし、特別学級っていうのもあって、俺はわりと遊びにいっていた(人が少ないから遊びやすくて、楽しかった。あと常に大人の人がいて、それも楽だった)

 

それで耳がものすごく遠い、いわゆる難聴のクラスメートの子とも仲良くなって、その子の住んでるアパートの部屋にある日遊びにいくことになった。

 

なんか俺がとにかくふざけて、友達の子が笑う…みたいな(当時はいわゆる TV ゲームは田舎だし、なかった)、布団広げてくすぐったりとか遊んでたわけです。

 

そんですんごい楽しくてキャーキャー騒いでたら、その家のお母さんが帰ってきて、ものすごい形相で「うるさい!!!」って言ってきて、俺の両耳をさあ、こう、シンバルみたいにバーンバーン!って叩きだしたの。

 

最初に思い切り耳をビンタされた気もするんだけど、もうとにかくすげー耳攻撃されたのだけは覚えてて。

 

そっからは飛び飛びの記憶なんだけど、もうその家を出た時からわんわん泣いてね。ずーーーーーっと歩いて泣いて帰ったら、坂の上のおばちゃんがでてきて「ちょっと!?真っ赤じゃない!!」って、顔と耳のまわりあたりを触ってくれたのを覚えてる。

 

それでね、もうその後一か月くらい耳鼻科に通うことになっちゃって、個人的にはそっちの方が地獄だった 笑 あの耳の奥に特別な鉄の器具いれられてなんかされるのが恐くてねえ。綿棒いれられたのも痛かったし。

 

友達の子とはその後も楽しく遊んだけど、当然家にはもう二度と行きませんでした。

 

おわり。

 

 

 

…なんでこの話はじめたんだったっけ…

 

まあなんか夏っぽくて良いよね。恐い話はね。

色々ストックはあるので、出せるように編集しておきたいです(脳内で)。

 

あ、四連休!これから四連休ですね。

 

よいおやすみを。