ぱこりにゅ

特定的な情報(人物描写など)は意図的に情報が改変されています

安価な骨伝導イヤフォンを買いました(特定の人にはおすすめ)

 

骨伝導イヤフォンを買いました。安価なやつ。

 

こういうデジタルデバイスは、安価な、よく聞いたことないメーカーのものを買うとほとんど痛い目を見ます。

 

ほぼ間違いなく中国製だし(もしくは中国のメーカーが日本に会社を興して売っている)、耐久性もデザインも UI もイマイチだからです。もちろん壊れやすい。

 

過去、ブルートゥースイヤフォンの安価のを2タイプ買って、2タイプともゴミになり結局ちゃんとした値段のちゃんとしたメーカーのものを買ったパコパコですから、そこらへん間違いないです。

 

それでまあ、これもねえ。激安ではないけど、骨伝導イヤフォンは基本的にちゃんとしたメーカーだと一万はするから悩んだんですけど買いました。

 

これは、申し訳ないけど『骨伝導イヤフォン』とかいう概念がややうさんくさい(正当な値段で払って失敗したら目も当てられない)という点が大きいです。

 

標準的な骨伝導イヤフォンメーカーなんてないし(一社だけTVでも取り上げられたメーカーがあるからそれくらい)。

 

もっと受け入れられてる技術なら、他メーカーもこぞってだしてるはずで、そうでないということは、ちょっと眉唾な感じがあるということに他なりません。

 

そうでなくてもあまりに新しい技術のものなので、デメリットが見えないのも嫌なところでした(例えばワイヤレスブルートゥースイヤフォンの致命的なデメリットである「紛失しやすい」というのが分からないで購入せざるをえない、みたいな感じで)。

 

まあでも、こんな色々考えどころがあるのに、これで買いました。

 

どうしても骨伝導イヤフォンに頼りたい動機があったからです(後述)。

 

f:id:EFJ:20210110002517j:plain

やっぱりめーどいんチャイナでした。

f:id:EFJ:20210110002522j:plain

この購入ページや、全体的なデザインの Apple とかからパクッてる感じのうさんくささ(AMAZONとかでもあるけど、中国メーカーは独特のメーカー説明ルールを無視したごり押しっぽい白人を多用した変な広告を出すことが多い)は、

 

ぱこぱこがかなり購入をしぶった原因の一つですが、まあもう受け入れて知ってて買いました。

 

前述した動機ですが、ぱこぱこは相方と一緒にいる時にラジオとか聴きたくなることがとても多いんですよね。

 

仕事もリモート、生活も同棲となると四六時中一緒にいるので、ラジオとか、音楽を聴きたい。

 

向こうが仕事中だったりすると気を使うし、相方が音楽かけているときもあれば、一人で没頭して聴きたいときとかもあるわけです。スピーカーでラジオかけてて後から相方に「あのラジオばかばかしいよね」とか言われたりしたこともあって、なんか聞かれてるのも鬱陶しい。

 

それでブルートゥースでイヤフォンつけてたんですけど、これをしちゃうと周りの音が全く聞こえなくなって、こっちが仕事してる時とかはいいですけど、誰かと一緒にいるときにずっとイヤフォンしてるわけにもいかないし、かといってスピーカーも多用できないし…と困っていて、そこで思いだしたのがこの骨伝導イヤフォンでした。

 

結果としては、まあまあかなっていう感じです。使用に耐えるものでとにかくまずそれが安心しましたけども。

 

この骨伝導イヤフォンの使用感感想(高いやつは絶対もっと違うと思う)ですが、

 

最初、再生したのが音楽だったんですけど「うわぁひどい」ってのが第一印象です。AM ラジオ聴いてるみたいな音質です。なんか音も小さく感じます。

 

そう、この骨伝導イヤフォン、楽天のレビューをみておけばわかりますけど、以下の点は覚悟しましょう。

 

  • 音質は悪い…というか、イヤフォン・スピーカーのような音はでない
  • ボリュームも少し小さめに感じる。かといって、大きくするとはっきり音漏れする
  • 指示音声音がデカい(『起動しました』、とか日本語でアナウンスがでる。これも中国メーカーだとわりとある)。
  • 骨伝導」と書いてますけど、ようは耳横の部分に小さいスピーカーを直にあてて、それで耳を通さないでも聴ける、という技術です。技術っていうか、力業(このデバイスに関して言えばだけど)。なので、この骨伝導バイスって要は「小さいスピーカーを耳横にゴリアテするデバイス」です。人によってはちゃちいと感じます。間違いない。

f:id:EFJ:20210110002514j:plain

 

でも、個人的にこれは正解の買い物でした。

 

この骨伝導イヤフォン、人の話し声は低音がばっちりとれているせいか、かなり正確に聞き取れます。これは普通のイヤフォンと遜色ないのでは?というくらい。充電は USB 接続で独特なマグネット接続でするんですが、これもまあ便利です。

 

パコパコはこれでポッドキャストとラジオを聴いてるんですけど、快適です。相方から話しかけられても問題ないし、相方がなにか音楽かけている横でも、もしくは相方が寝てる時でもわりとボリュームさげてもよく聞き取れます。

 

なので条件付きなメリットはこんな感じです。

  • 人の声がとても聴きやすい。もしかしたらイヤフォンと同じくらいかも。語学学習に特に特化して良いかもしれない(音の聴きはずしがない)
  • 音漏れが結構する前提で考えれば、耳は使わずに済むので、ぱこぱこみたいな動機で買うのならアリ(ジムとかマラソン中とか、かなり良いと思う)
  • 音をしぼれば音質的にはラジオくらいはなんとか音漏れ抑えて聴けないこともない(電車とかは絶対に無理)

 

買ってまあ…よかった…ギリギリ…って感じで、他に周りに買ってる人もいないし、危ない買い物でしたけど良かったです。

 

ぱこぱこ以外に骨伝導イヤフォン検討してる人は、これを少し参考にしてもらえれば幸いです。

 

基本的にはおすすめしません。よほど動機がパコパコと合致しないかぎりは、普通にイヤフォン買いましょう。